発毛を促す治療方法の仕組み

薄毛治療の種類について

薄毛を改善したい時に行える発毛を促す治療方法は様々なものがあり、アプローチの仕方が大きく異なってきます。
内服薬を使った治療では体の中から薄毛になる原因を改善していき、外用薬では有効成分によって発毛を促していきます。また、有効成分を直接頭皮に注入する方法や、植毛するなどの治療方法があります。
これらの種類によって改善の仕組みや、治療の値段、発毛の期間などが大きく異なってきます。
治療方法を選ぶ場合には、それぞれの仕組みや続けやすい価格なのかなどを考慮して選んでいくことが必要です。
また、治療だけではなく生活習慣や食生活など総合的に見直すことによって発毛を促して、薄毛を改善することができるようになります。

それぞれの仕組みについて

発毛を促す治療方法の種類は様々なものがあり、仕組みがそれぞれ異なります。
内服薬は二つの薬を使うのが一般的で、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制する薬と、血管を拡張させて血流を良くすることで髪の毛に栄養を行きやすくする薬を、同時に併用することによって発毛を促します。
外用薬は、血管を拡張させる薬を塗ることで栄養を行き渡らせやすくします。
育毛メソセラピーやHARG療法は、頭皮に直接有効成分を注入する方法です。有効成分を直接頭皮に与えることによって、髪の毛に必要な栄養素などを取り入れやすくなることで発毛を促します。
植毛は発毛を促すものではありませんが、自毛などを頭皮に植え付けることによって効率的に髪を増やせます。

© Copyright Cause Of Thinning Hair. All Rights Reserved.