男性の治療方法との違いは?

内服薬以外の治療法が選択されることも多い

女性の薄毛の原因は、遺伝な体質や男性ホルモンによるものでなく、妊娠やストレス、無理なダイエットなどが影響していることが多い傾向があります。そのため、男性の薄毛治療とは異なり、内服薬以外の治療法が選択されるケースが目立ちます。例えば、美容皮膚科や美容外科の医師が開発した女性向けの育毛剤やサプリメントなどは、各地のクリニックで導入が進んでおり、身体に負担をかけずに治療を行えるというメリットがあります。また、妊娠中や更年期など女性ホルモンのバランスが変化しやすい時期には、抜け毛の量が急に増えたり、部分的に薄毛になったりすることがあります。そのため、信頼のできる医師のもとで継続して治療を受けることが肝心です。

カウンセリングが重視されることがある

女性に多いびまん性脱毛症や円形脱毛症は、人によって原因や症状の程度が大きく異なり、各地のクリニックでは様々な方法を組み合わせて治療が行われることがあります。そこで、女性が自身の薄毛の原因や症状に合った治療を進めるうえで、頭皮ケアに関する専門的な知識を持つ医師が在籍しているところや、副作用のリスクの低い治療法が選べるところを通院先に選択することがポイントです。最近では、女性の医師による治療を受けることができるクリニックも増えており、カウンセリングを通じて頭皮や毛根、毛細胞の状態などをしっかりとチェックしてもらうことができます。なお、治療法の種類は、医師の過去の経験に左右されやすいため、通院を始める前に、身近なクリニックの治療例を参考にしてみると良いでしょう。

薄毛の原因は男性ホルモンによる影響が大きいのですが、薄毛を予防するには薄毛進行を抑える飲み薬と塗り薬を使う事がおすすめです。

© Copyright Cause Of Thinning Hair. All Rights Reserved.