閉経後に薄毛になったらどうする?

女性ホルモンの減少で起こる抜け毛

男性型脱毛症は遺伝的な要素や男性ホルモンの影響によるところが大きいですが、女性の薄毛や抜け毛は男性とは違うものがあります。
精神的なストレスや血行不良、過度なダイエットによる栄養不足、過剰なヘアケアなども女性の薄毛や抜け毛の原因としてあげられますが、ホルモンバランスの変化や乱れも髪に影響が出やすい傾向にあります。
出産後に多くの抜け毛が出ることは良く知られていますが、閉経後に髪の悩みが出る人も少なくありません。
更年期と言われる年代になると卵巣機能も低下し、豊かな髪を保つのにエストロゲンも大幅に減少していきます。その影響で髪の成長期も短くなり、髪が多く抜ける、髪が細くなる白髪が増えるなど様々な悩みが出てきます。
個人差もありますので、閉経後にすべての女性が髪が薄くなるわけではありませんが、髪の衰えは外見にも影響が出てしまいます。

様々な対策方法があります

女性の閉経後の薄毛を防ぐ方法としては、不足している女性ホルモンに似た働きのある成分を摂り入れるということもあげられます。大豆イソフラボンなどは女性ホルモンに似た働きをすることで知られています。食品から摂ることはもちろん、効率よく摂取するならサプリメントなども活用してみましょう。この他では市販の育毛剤や育毛シャンプーを使ったケアや血行を良くする頭皮マッサージも家庭で行える対策です。
精神的なストレスも良くありませんので、うまく解消していきましょう。
抜け毛がおさまらない、悪化してくるという場合は医療機関の治療も検討したいところです。
医療機関で行われている治療ではホルモン補充療法などもありますし、育毛に良い薬の処方、HARG療法や自毛植毛なども有効な方法です。

© Copyright Cause Of Thinning Hair. All Rights Reserved.